ダイエットを意識した料理法

専業主婦なので、日々の献立は自分自身で決めることができます。

そんな中で、心がけているのは薄味で素材の味を大切にしながら、健康にも良い料理を作ることです。

外で買ったお惣菜や外食は、とても美味しいですがやはり油の量や味付けが濃いのが気になるところ。

自分で作るからこそ自分好みの味付けができるということで、日々の料理はなかなか大変なものではありますが、楽しみながら取り組んでいます。

まずはじめに意識しているのは、むやみやたらに油を使わないこと。

油なしでも料理が出来はテフロン加工のフライパンを使用して、基本的には油を使わないで調理しています。

子供もまだ小さいので、あまり油っぽいものとかは避けるようにしています。

全く焦げ付いたりもなく、またヘルシーに仕上がるのでとても助かります。

二つ目は、油で炒めるよりもお水で煮る調理を行なっています。

こちらも、脂分をカットすることが出来ますし、煮ることで野菜やお肉の旨味が溶け出した煮汁の完成です。

次は、酢を活用することです。

醤油や味噌での味付けだとついつい濃い味で塩分過多になりがちなので、お酢をうまく利用することで、味付けに物足りなさを感じることなく、しっかりの味付けでなおかつ体にいいものに仕上がります。

市販のドレッシング代わりにも、オリーブオイルと塩コショウお酢で作ったオリジナルのものを使い、ヘルシーにまた手軽に野菜を食べることができます。

調理法ひとつで気軽にヘルシーを実現できるので、ぜひ取り入れてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です